ロジカルシンキングを考える


ロジカルシンキング(論理的思考)といわれると、「なんだか難しそう。」と思いがちですが、一本の筋道を立てて物事を考える、無駄を排除したとても合理的な考え方です。決して様々な小難しい論理を駆使して相手を困らすような口戦術ではありません。

論理的なものの考え方といえば、世の中では男性の方が論理的、女性の方が感情的にものを考える。といわれています。 実際のところ、感情に左右される考え方や話し方をする男性もいれば、論理的かつ合理的なものの考え方のできる女性もいます。 ロジカルシンキング(論理的思考)は社会に出れば、仕事をする上で必要不可欠なモノの考え方です。

問題提起がされていて導きだしたい答えもある。答えに辿りつくにはどのような工程を経てたどり着けばよいのか?

なんだか数学の文章問題の様ですが、仕事を行う場合、いかにこの工程を合理的にするのかを考えることを日夜繰り返しているはずです。効率的に、問題なく、もしくは問題解決処理を迅速に行うことができるのか。男性が論理的なものの考え方をするというのは、男性特有の脳の使い方もありますが、仕事というロジカルシンキングでこなさなければならない仕事を行っているからこそ身についている考え方なのかもしれません。
ですから、女性の社会進出が進み、男性同様の仕事をするようになっている昨今、理数系女子だけでなく、キャリア系の女性にロジカルシンキングのできる人は増えているのではないかと考えられます。